エスクローが乱高下、朝方1万円台に乗せるも達成感から換金売り

 エスクロー・エージェント・ジャパン<6093.T>が乱高下。朝方、前日比910円(9.5%)高の1万500円まで上昇したが、その後は移転して売り優勢となり、一時、同1210円(12.6%)安の8380円をつける場面があった。3月28日に新規上場し、上場初日には値がつかず、2日目の31日に初値8090円をつけた後、ストップ高まで買われていた。不動産取引に関連する関係者(主に司法書士)に対するASPによるシステム提供や金融機関のBPO(業務外部委託)受託が主な事業という事業の独自性や成長への期待感から買われていたが、1万円台に乗せたことでひとまず達成感が出てきたようだ。

エスクローの株価は11時30分現在8710円(▼880円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)