◎1日前場の主要ヘッドライン

・三井住友など大手銀行株が高い、全体相場上昇で好循環もたらす
・技研製作所が4連騰 2月中間期業績見込みを上方修正
・夢の街創造委員会が急反発、1株を2株にする株式分割を好感
・フィールズが急落、セガサミーHDによる重要契約終了方針を嫌気
・高島屋など百貨店株が安い、消費増税の影響と日銀短観嫌気
・WNIウェザーが年初来高値、第3四半期の30.3%営業増益を評価
・明治機械が一時S高、TCSHDとの資本業務提携を好感
・低位浚渫株が急動意、不動テトラに機関投資家の大口買い観測
・大崎電が強含む、底値鍛錬から出直り気配
・電力株が軒並み安、北海道電の資本支援報道で連想売り膨らむ

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)