積化成が7日続伸、軽量盛土材などが大橋ジャンクション屋上公園に採用と発表で

 積水化成品工業<4228.T>が7日続伸。この日の午前中に、同社EPS土木工法用軽量盛土材「エスレンブロック」と雨水貯留槽「クロスウェーブ」が首都高速道路の大橋ジャンクション屋上公園に採用されたと発表しており、これを好感する買いが入っている。大橋ジャンクションは、首都高速渋谷線と中央環状線を連絡する高低差71メートルのループ状の道路がそのままコンクリート壁で囲まれた円柱状の構造物。その屋上を東京都目黒区が公園として整備しており、ジャンクション構造物への荷重を軽減し耐震性を向上させるとともに、雨水対策にも対応し、さらに短い工期で完成を目指すという条件に合った製品として採用されたという。今回の大橋ジャンクション屋上公園への採用で、今後の受注にも弾みがつくとの期待感から物色されているようだ。

積化成の株価は12時51分現在280円(△4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)