日本通信が連日のS高、引き続き「イオンのスマートフォン」で協業を好感

 日本通信<9424.T>は前日まで2日連続でストップ高となったが、この日も一時ストップ高まで買われる場面があった。引き続きイオン<8267.T>が同社との協業で、通信料金と本体代金あわせて月額2980円(税抜)で利用できる「イオンのスマートフォン」を4日に発売することが好感されている。「料金体系が分かりにくい」「必要な機能に絞れば料金を抑えられないか」というユーザーの意見に応えたもので、複雑だった料金体系を端末代金と通話料を明確に分離し分かりやすく提示するとともに、通信音声通話やWEB閲覧などの機能に絞ることで通信コストを削減、全国8000台限定ながら人気化が期待されている。

日本通信の株価は13時37分現在344円(△26円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)