シベールが反落、14年8月期業績予想を下方修正で、一般向け通信販売事業など不振

 シベール<2228.T>が反落。3月31日の取引終了後、14年8月期の単独業績見通しについて、売上高を従来予想の38億円から36億円(前期比0.9%増)へ、営業利益を同1億1800万円から4300万円(同3.8倍)へ、純利益を同4800万円から2000万円(同39.2%増)へそれぞれ下方修正したことが嫌気されている。通信販売などPIS事業で他社の運営する仮想商店街への出店など新たな販路の拡大などに努めたものの、一般顧客向け通信販売の不振をカバーできなかったことが要因としている。
 なお、同時に発表した第2四半期累計(9~2月)業績は、売上高16億9000万円(前年同期比1.3%減)、営業損益4600万円の赤字(前年同期4500万円の赤字)、純損益3400万円の赤字(同4200万円の赤字)となった。

シベールの株価は13時38分現在2910円(▼10円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)