アルテックが軟調、第1四半期最終利益の大幅減益を嫌気

 アルテック<9972.T>が軟調。3月31日引け後に第1四半期(12~2月)連結業績を発表しており、売上高34億2600万円(前年同期比18.8%増)、営業損益1600万円の赤字(前年同期1700万円の赤字)、純損益4300万円(同66.3%減)と最終利益が大幅減益となったことが嫌気されている。商社事業で3Dプリンターなどの販売が堅調に推移し売上高は増加したが、円安の影響による仕入れコストなどの増加が損益を悪化させたとしている。
 なお、14年11月期通期業績予想は、売上高170億円(前期比2.5%増)、営業利益2億5000万円(同19.3%減)、純利益1億円(同32.4%増)の従来予想を据え置いている。

アルテックの株価は14時4分現在237円(▼7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)