大和が買われる、売場改装効果等で増額

東証2部上場の大和<8247>が買い進まれた。2012年2月期の通期予想を連結営業利益で当初計画の3億円から4億円(前期実績2億6600万円)へ増額修正したことが好感されている。主力の百貨店業における香林坊店の売場改装効果、富山店の堅調な推移および高岡店の収益構造改革に加え、グループ全体のコスト管理を強化したことが要因。

大和の株価は10時30分現在110円(△22円)。