鉄人化が後場急伸、2月中間期は従来予想を上回って着地

マザーズ上場の鉄人化計画<2404>が後場急伸。昼過ぎに発表した2月中間期業績で、連結経常利益が従来予想1億5000万円上回り2億4900万円(前年同期比51.8%増)と大幅増益で着地したことを好感。主力のカラオケルーム運営事業で新店計画が期中未達となったことで売上高は想定を下回ったが、近年出店した中型店舗の業績貢献や新店に関連するイニシャルコストの減少などが貢献したと。なお、8月通期については同5億1000万円の従来予想を据え置いている。

鉄人化の株価は14時55分現在8万8000円(△8000円)。