日立建機、コマツが軟調、中国CPI発表で金融緩和期待の後退を嫌気

日立建機<6305>やコマツ<6301>が軟調。日本時間の午前10時30分に発表された3月の中国の消費者物価指数(CPI)で市場予想を上回る前年同月比3.6%上昇となったことから、金融緩和期待が後退した。そのため中国関連の代表の両社に警戒売りが広がっている。

日立建機の株価は13時15分現在1714円(▼33円)。

コマツの株価は13時15分現在2325円(▼17円)。