ソフトバンクが3日続落、減価償却費拡大で利益縮小

ソフトバンク<9984>が3日続落。世界的な株安によりリスクオフの流れが強まる中、時価総額の大きい主力株が総じて軟調に推移する中で売りに押されている。また、同社は13年3月期に通信設備などの減価償却費が2900億円前後と前期比1割強程度膨らみ、営業利益の増益幅が縮小しそうとの一部報道も嫌気されているようだ。携帯電話向け新周波数の運用に伴う設備投資が要因。ただ、ここ株価は急速に調整を入れており、値頃感からの押し目買いも入り下げ幅は限定的だ。

ソフトバンクの株価は9時16分現在2253円(▼18円)。