三井不、東急不が急反落、GSが投資判断引き下げ

三井不動産<8801>、東急不動産<8815>が反落。ゴールドマン・サックス証券が不動産セクターのリポートを発表しており、中で三井不を「買い」から「中立」に、東急不を「中立」
から「売り」に引き下げたことが観測されている。三井不については電力料金の値上げなどによるコスト増加や分譲事業の利益率回復の遅れを指摘。東急不については資産価値に対して株価が割高と判断したと。

三井不の株価は13時54分現在1441円(▼41円)。
東急不の株価は13時54分現在369円(▼13円)。