前沢工が大幅続伸、第3四半期累計決算の赤字縮小と期末復配を好感

前澤工業<6489>が大幅続伸。前週末に発表した第3四半期累計(6〜2月)決算が連結経常損益で2億1000万円の赤字と前年同期の6億3400万円の赤字から大きく赤字幅を縮小させたほか、期末に2円の復配を実施すると発表したことが好感されている。採算性を重視した選別受注を推進し受注高が増加したほか、引き続きコストダウンと効率化を行うなどしたことが奏功。なお、同社は受注した装置類の納期などが3月末に集中することから、売上高・利益の計上が第4四半期に集中する傾向がある。

前沢工の株価は9時39分現在230円(△17円)。