ケイブが大幅反落、期中2度目の下方修正を嫌気

ジャスダック上場のケイブ<3760>が大幅反落。前週末に第3四半期累計(6〜2月)決算の発表とともに、今5月期の業績見通しを最終損益で従来予想1000万円の黒字から3億9000万円の赤字(前期4億3400万円の黒字)へと期中2回目となる下方修正を発表したことを嫌気。スマートフォン向けソーシャルゲームへの経営資源集中のため、不採算事業の整理・縮小を行ったほか、コンシューマー向けゲームグッズの整理に伴う商品評価損や、PC向けゲーム「麻雀鹿鳴館」の整理に伴う減損損失、さらにその他複数コンテンツの再評価に伴う減損損失を特別損失に計上したためとしている。

ケイブの株価は13時50分現在7万1900円(▼5600円)。