住友電が3日ぶり反発、大規模蓄発電システムの実用化を好感

住友電気工業<5802>が3日ぶりに反発。17日に次世代型の大規模蓄発電システムを実用化すると発表、これを好感した買いが入っている。これは太陽光発電と蓄電池を組み合わせたシステムで、従来型より発電効率が高く、導入コストは同程度とされ、2014年度から工場向けなどに販売を開始する。20年度に関連売上高で1000億円を目指すとしており、ビジネス拡大への期待が高まっているようだ。

住友電の株価は9時8分現在1080円(△37円)。