商船三井が堅調、12年3月期最終赤字見通しも織り込み済み

商船三井<9104>が続伸となっている。同社の12年3月期連結最終損益は280億円程度の赤字であったと一部報道されたが、ほぼ従来予想通りで株価には織り込み済み、来期の回復期待から買い戻しが優勢となっている。海上コンテナ輸送船の運賃下落が収益に影響したが、期末の株価回復で投資有価証券評価損が大きく縮小したことが赤字幅の拡大を防いだ。ばら積み船市況の総合的な指標であるバルチック海運指数が上昇傾向にあることや、足元、為替が円安方向に振れていることもプラス材料と捉えられる。

商船三井の株価は9時15分現在313円(△7円)。