ヤマトHDが反発、12年3月期の営業益660億円前後との観測報道を材料視

ヤマトホールディングス<9064>が反発。一部報道で、集計中の12年3月期の連結営業利益が前の期比3%増の660億円前後となったようだと報じられたことを材料視。インターネット通販の成長や東日本大震災の被災地に向けた救援物資の需要拡大などで宅急便が伸び、燃料費の負担増を吸収したと。会社予想670億円には届かなかったものの、ほぼ市場予想の想定内であり、また3期連続の営業増益が評価されているようだ。

ヤマトHDの株価は11時25分現在1218円(△14円)。