CSIが大幅反発、電子カルテシステムなど好調で中間期上方修正

マザーズ上場のシーエスアイ<4320>が大幅反発。前週末に3月中間期の業績見込みを連結経常利益で従来予想1000万円(前年同期比77.8%減)の大幅減益予想から一転、6100万円(同35.6%増)の増益予想に上方修正したことを好感。電子カルテシステム「MI・RA・Isシリーズ」に加えて、中規模病院に対する部門システムの販売が増加したことが要因と。また一部報道で、医療用会計ソフト開発のシステムアイ(東京都小金井市)と電子カルテシステムのクラウド化で連携すると報じられており、これもプラスに評価されている。

CSIの株価は13時26分現在916円(△34円)。