ニッセンHDが急落、第1四半期の営業損益赤字転落を嫌気

ニッセンホールディングス<8648>が急落。朝方発表した第1四半期(12月21日〜3月20日)決算で、連結営業損益が4億6600万円の赤字(前年同期7500万円の黒字)となり、厳しい今期のスタートとなったことを嫌気。基幹システムへの投資に伴う減価償却費負担の増加などが収益悪化の要因としているが、月次動向などは底堅い推移で期待感も強かっただけに、失望売りも出ているようだ。

ニッセンHDの株価は13時52分現在424円(▼42円)。