任天堂が急反落、12年3月期最終赤字を嫌気

任天堂<7974>が急反落。前日発表された同社の12年3月期業績では連結最終損益が432億円の赤字となり、連結業績の開示をはじめた1981年8月期以降、初めての営業・最終赤字に転落した。前回1月の見通し時の650億円の赤字予想からは赤字幅が縮小したが、業績不振に対する市場の目は厳しい。今13年3月期見通しについて350億円の黒字化を見込むが、これも市場のコンセンサスには届いておらず、回復の鈍さに失望売りが優勢となっている。

任天堂の株価は9時16分現在1万1000円(▼540円)。