ニューフレアがS高買い気配、コスト削減など奏功し12年3月期を増額

ジャスダック上場のニューフレアテクノロジー<6256>がストップ高買い気配となっている。前日に現在集計中の12年3月期業績について、連結経常利益で従来予想の121億円から141億円(前期比5.0倍)に上方修正したことを好感。東日本大震災やタイの洪水被害の影響を最小限に抑えたほか、主力のビームマスク描画装置のコスト削減などが想定以上に寄与したことが要因と。またこれに伴い、期末配当(期末一括)を5000円から8000円(前期1000円)に引き上げた。

ニューフレアの株価は13時18分現在49万9000円(△7万円)。