ホンダが軟調、13年3月期業績急回復見通しも円高警戒の売りが先行

ホンダ<7267>が軟調。27日に発表した決算で、13年3月期連結最終利益が前期比2.2倍の4700億円程度になるとの見通しを示したが、この日は為替が2カ月ぶりの1ドル80円割れと円高展開にあり、これを警戒した売りが先行している。前期に震災やタイの洪水で落ち込んだ生産が正常化することや、北米や新興国での販売増加から販売台数は前期比40%増の430万台と過去最高更新を見込んでいることが、好見通しの要因だ。

ホンダの株価は9時17分現在2870円(▼26円)。