日電硝子が大幅安、12年3月期最終7割減益を嫌気

日本電気硝子<5214>が大幅続落。同社が27日発表した12年3月期の連結決算は純利益が194億円(前期比72%減)と低迷、これが嫌気されている。薄型テレビの需要不振で、同社が主力とする液晶用ガラス基板の価格が下落し採算が悪化した。プラズマパネル用製造設備の減損処理による特別損失の拡大も響いた。なお、年間配当は前期比2円増配し15円としているが、業績先行きに対する不透明感から売りが優勢となっている。

日電硝子の株価は9時50分現在608円(▼44円)。