日本海洋掘削が反発、修繕費等減少で増額

日本海洋掘削<1606>が反発。2012年3月期の通期予想を連結営業利益で当初計画の50億4300万円から64億500万円(前期実績54億9200万円)へ増額修正したことが好感されている。円安効果や、「SAGADRIL−1」の工事スケジュールが若干翌期にずれましたことや、修繕費等が当初予想より減少する見込みであることが要因。

日本海洋掘削の株価は10時30分現在2480円(△31円)。