アスクルは急反落、ヤフーとの資本・業務提携で一株価値の希薄化懸念で

アスクル<2678>が大幅に急反落。27日にヤフー<4689>と資本・業務提携すると発表。ヤフーに対して5月20日払い込みで議決権ベースで42%となる2302万株(発行価格1433円)の第三者割当増資を実施することから、一株価値の希薄化を懸念した売りを集めている。アスクルはネット通販の不振をヤフーの支援により改善を目指す方針だ。

アスクルの株価は12時50分現在1242円(▼354円)。