フジ住宅が東証1部で大幅反落、今期二ケタ減益見通しを嫌気

フジ住宅<8860>が大幅反落。前日発表した決算で、前12年3月期は連結経常利益49億300万円(前の期比33.2%増)と大幅増益となったものの、今13年3月期は同40億円(前期比18.4%減)と二ケタ減益を見込んでいることが嫌気されている。リーマン・ショック直後に仕入れた好立地・高採算の分譲物件の引き渡しが一巡し、利益率が緩やかに低下することが減益見通しの要因と。ただし、大証1部では前日大幅安となっていた反動もあって反発しており、大きな差があった両市場の株価が接近する格好となっている。

フジ住宅の株価は東証1部で13時10分現在413円(▼36円)。
フジ住宅の株価は大証1部で13時10分現在412円(△7円)。