グリーなどS安、「ガンプガチャ」違法との方針でSNSゲーム関連軒並み下落

グリー<3632>、ディー・エヌ・エー<2432>がともにストップ安。消費者庁がモバイルゲームの課金システムの一つ「コンプリートガチャ(コンプガチャ)」について、景品表示法に抵触する可能性があると判断したことを受けて、ソーシャルゲーム関連が軒並み売られている。「コンプガチャ」とは、指定された複数のレアアイテムを「ガチャ」と呼ばれる1回数百円の電子くじを介して全て獲得すると、レアアイテムを獲得できるというもの。違法とされることによる業績面へのインパクトは未定だが、ソーシャルゲーム各社にネガティブな影響は避けられないとみられているようだ。なお、新興株式市場でもミクシィ<2121>、クルーズ<2138>、KLab<3656>、ドリコム<3793>などが売られている。

グリーの株価は11時12分現在1651円(▼500円)。
ディエヌエーの株価は11時12分現在1990円(▼500円)。