日本製鋼は弱含みもみ合い、12年3月期純利益24%減

日本製鋼<5631>は前日終値近辺で弱含みもみ合い。寄り付きは安く始まったものの、寄り後は一時、前日比プラス圏に切り返すなど売り買いが交錯している。同社が前日発表した12年3月期の連結決算では、純利益が前期比24%減の125億円だった。高採算の原子力発電所向け材料などエネルギー関連部門が不振だったことが利益を縮小させたが、一方で樹脂原料の製造装置など産業機械部門が好調に推移したことが業績下支え要因となった。ここ株価は調整局面が続いていたこともあり、産業機械部門が業績に貢献していることを評価する動きもあるようだ。

日本製鋼の株価は9時30分現在468円(▼3円)。