バンナムHDが反落、13年3月期減益見通しを嫌気

バンダイナムコホールディングス<7832>が反落。一時約4カ月ぶりに1000円大台を割り込み、新安値を更新した。前日発表した12年3月期連結決算では純利益が193億円と急回復したが、13年3月期見通しでは前期比9%減の175億円と減益予想であったことから失望売りが出た形。現在、物議をかもしている課金アイテム商法の「コンプガチャ」問題でも、同社はディーエヌエーの「モバゲー」向けに提供しているソーシャルゲームにコンプガチャを採用しているものがあり、これも嫌気されているようだ。

バンナムHDの株価は12時35分現在1018円(▼39円)。