東電が大幅高、政府の総合計画認定が買い手掛かりに

東京電力<9501>が大幅高。9日に政府が東電の新たな経営体質の全体像を示す総合特別事業計画を認定したことから、経営破綻→上場廃止の可能性がなくなり、これを手掛かりにした買いを集めている。売り方の買い戻しも上げに拍車をかけているようだ。政府が1兆円の公的資金を投入、議決権の過半を握り実質国有化する。電気料金の値上げなど再建に向けて具体策が動き出すことになる。

東電の株価は12時42分現在206円(△22円)。