スタートトゥが大幅反発、CSのレポートを好材料視

スタートトゥデイ<3092>が大幅反発。前日は4月の月次動向から成長鈍化が懸念される形で軟調な動きとなったが、この日はクレディ・スイス証券のレポートなどを受けて見直しの動き。レポートでは、同社を「疾走を続けるファッション企業」として再推奨しており、現在の株価は成長力が過小評価されていると指摘。また、今3月期の連結営業利益109億円予想(会社予想104.4億円)、来期は同146億円と予想している。

スタートトゥの株価は14時55分現在1195円(△95円)。