大倉工業が急落、2Q下方修正を嫌気

大倉工業<4221>が急落。2012年12月期の第2四半期累計を連結営業利益で当初計画の9億5000万円から5億5000万円(前期実績15億800万円)へ下方修正したことが嫌気されていいる。詫間工場が生産するパーティクルボード製品について、日本工業規格に定める検査を適切に行わずに製品を出荷する等、品質管理体制が「日本工業規格への適合性の認証に関する省令」で定める基準を満足しないとの指摘を受け、JIS認証の取消し決定の通知を受け、建材事業の売上高が減少している。

大倉工業の株価は10時7分現在196円(△26円)。