アルプスが3日ぶり反発、JPモルガンが投資判断引き上げ

アルプス電気<6770>が3日ぶりに反発。JPモルガン証券が投資判断を「ニュートラル」から「オーバーウエート」とし、目標株価を630円から880円に引き上げたことが観測されている。スマートフォン向けのエンコーダやスイッチなどコンポーネント事業で新たな商談に成功しており、今期業績は下期以降に急回復する見通しを評価している。

アルプスの株価は9時36分現在650円(△25円)。