沖縄電力が安値、三菱UFJMSが投資判断引き下げ

沖縄電力<9511>が安値更新。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断をアウトパフォームからニュートラル、目標株価を5400円から3000円に引き下げた。吉の浦LNG火力発電所の運転開始によって費用が増加する可能性が高いが、電気料金の本格改定は見込めないため、中期的な経常利益は低迷するリスクが高いと指摘している。

沖縄電力の株価は10時14分現在2803円(△130円)。