住友大阪が堅調、売電拡大報道を手掛かり材料視

住友大阪セメント<5232>が堅調。栃木工場のバイオマス発電による売電を拡大するとの報道が買い手掛かり材料になっている。工場内で使用する電力を自家発電で賄った残りを売電するといい、売電が順調に進めば連結営業利益を年間10〜20億円押せ上げるとしている。

住友大阪の株価は9時24分現在227円(△6円)。