日本曹達が反発、HPC製造設備の生産能力を増強

日本曹達<4041>が反発。医薬品添加剤ヒドロキシプロピルセルロース(HPC)製造設備の生産能力増強を発表した。ヒドロキシプロピルセルロースは、医薬品添加剤、とりわけ固形製剤の結合剤として使用されており、医薬品生産量の堅調な伸びに伴い引き合いが活発化している。約20億円を投じて年間約500トンの能力増強を行なうという。

日本曹達の株価は14時18分現在316円(△6円)。