リコーなどユーロ関連が軟調、為替のユーロ安円高を嫌気

リコー<7752>、コニカミノルタ<4902>、任天堂<7974>などユーロ売り上げ比率の高い銘柄が軟調。為替市場ではユーロ債務不安問題を背景に、1ユーロ100円台を割り込んで推移するなどユーロ安、円高が進行しており、輸出採算の悪化の思惑から売りが先行している。

リコーの株価は9時11分現在620円(▼7円)。