セントラル硝子が小反発、今期ガラス事業黒字化見通しで

セントラル硝子<4044>が小反発。同社の13年3月期は、前期に16億円の営業赤字だったガラス事業が07年3月期以来、6期ぶりの黒字化が見込まれるとの一部報道が支援材料となっている。自動車向けガラスの需要拡大やコスト削減効果が寄与し、20億円の黒字となる見通し。また、今期の会社全体の連結営業利益は90億円と前期比55%増を見込んでいる。

セントラル硝子の株価は9時13分現在304円(△2円)。