MDNTが反発、がん免疫療法向け細胞の自動加工装置開発へ

マザーズ上場のメディネット<2370>が反発。一部報道で、がん免疫療法向け細胞の培養などを行う自動加工装置を開発すると報じられたことを材料視。細胞の加工処理は患者から採取できた細胞の数や活性に応じて異なるので、独自のノウハウが必要とされ、同社では現在、半年から1年間の訓練を受けたスタッフが手掛けている。自動加工装置が完成すれば省人化が期待でき、将来的には細胞培養技術を他社にライセンス供与するといった方法で海外展開も図る。なお、実用化は2014〜15年を予定。

MDNTの株価は9時58分現在9110円(△150円)。