京セラが軟調、決算訂正を嫌気か

京セラ<6971>が続落。前週末25日に12年3月期の連結決算(米国会計基準)を訂正し、純利益を前期比35%減の793億円と発表、これは米国子会社で追加費用が発生したためで4月末発表時より35億円減少したことが株価に影響しているようだ。一方、一部報道でIHIなどと組んで鹿児島市内に7万キロワット級の発電能力を持つメガソーラーを7月にも着工すると伝えられたが、反応は薄い。

京セラの株価は12時36分現在6570円(▼180円)。