郵船、商船三井など大手海運株が堅調、CSが投資判断引き上げ

日本郵船<9101>、商船三井<9104>、川崎汽船<9107>の大手海運株が堅調。クレディ・スイス証券が3社の投資判断を「ニュートラル」から「オーバーウエート」とし、目標株価を郵船を270円から280円に、商船三井を420円から350円に、川崎汽を200円から230円にそれぞれ変更したことが観測されている。1年後の投資リターンを見据えた種蒔きの時期と位置づけている。

郵船の株価は11時14分現在208円(△5円)。
商船三井の株価は11時14分現在275円(△6円)。
川崎汽の株価は11時14分現在142円(△3円)。