いすゞが堅調、ミャンマー進出報道が手掛かり

いすゞ自動車<7202>が堅調。今年度中にもミャンマーでトラックの生産を始めると伝えられ、これを手掛かりにした買いが入っている。ミャンマー政府系のファーストオートモーティブの株式6割を取得して、同社がヤンゴンに持つ工場で小型トラックやピックアップトラックを生産するという。年産1000台から始めて将来的には数万台規模を目指すとされ、ミャンマーは人件費が安く、アジアの生産拠点になる可能性があるという。

いすゞの株価は9時10分現在416円(△4円)。