シャープが続落、鴻海の中国子会社で暴動を警戒

シャープ<6753>が続落。一部報道で、シャープが資本・業務提携を決めている台湾・鴻海の中国子会社である富士康科技集団の従業員が暴動を起こしたと伝えられたことから、シャープへの悪影響を警戒した売りが先行している。鴻海の中国子会社は米アップルの「iPad」の大半を生産しており、アップルが生産委託を減らす可能性も含めて、今後の動静次第では、シャープの経営再建計画にも影響が及ぶと懸念されているようだ。

シャープの株価は12時38分現在403円(▼11)。