シャープが3日ぶり反発、台湾・鴻海とのスマートフォン共同事業に期待

シャープ<6753>が3日ぶり反発。8日発表した今後の経営戦略で、資本提携を決めている台湾・鴻海精密工業グループとスマートフォンの共同事業を進め、中国市場に投入する方針などから、経営再建が進むとの期待が浮上して買いが先行している。14年3月期から中国市場にスマホを投入する見通しのほか、液晶パネルの主力拠点である堺工場から鴻海へのパネル供給も3カ月前倒しして7月から供給を開始する意向だ。

シャープ野株価は9時13分現在411円(△19円)。