三井松島が堅調、インドネシアの石炭生産販売に出資

三井松島産業<1518>が堅調。三井松島インターナショナルを通じてインドネシアの石炭生産販売会社PT Gerbang Daya Mandiri社(GDM社)の株式30%を保有する豪州会社の全株式を取得することを発表した。GDM社は、インドネシアの東カリマンタン州サマリンダに位置し、現在、露天掘りにより年産約40万トンの一般炭の生産を行なっている。同社鉱区内において、ボーリング探査調査を行なった結果、坑内掘りにより生産可能な埋蔵量約2000万トンを確認している。

三井松島産業の株価は10時18分現在128円(△3円)。