レンゴーが反発、レアアースを使わない蛍光発光体開発を好感

レンゴー<3941>が反発。レアアースを使わない蛍光発光体を開発したと発表したことを好感。蛍光発光体「ガイアフォトン」はレアアースを使用せず、銀を多孔質のゼオライトにイオン交換法で担持させ、蛍光体化させることに成功。価格はレアアースを用いた製品と比べ同等以下に抑えたとしている。照明や液晶のバックライトのほか、クレジットカードやチケットの偽造防止技術などへも応用可能で、15年に10億円程度の売り上げを目指すと。

レンゴーの株価は9時51分現在448円(△9円)。