不動産株が買われる、金融緩和期待と消費増税前の駆け込み需要思惑で

三井不動産<8801>、三菱地所<8802>をはじめ不動産株が買われる。米国など主要各国の金融緩和観測が強まる中で、日銀の追加金融緩和への期待も高まっており、金融緩和での恩恵が大きい不動産株に思惑買いが流入している。また、消費増税法案の衆議院可決を背景に、増税前の駆け込み需要がもっとも発生しやすい不動産株に先取りの思惑買いも入っている。

三井不の株価は12時37分現在1498(△41円)。

三菱地所の株価は12時37分現在1390円(△48円)。