カルナバイオが反発、CAI社のセルベースアッセイサービスを提供

ジャスダック上場のカルナバイオサイエンス<4572>が反発。Cell Assay Innovations, LLC (本社・米国マサチューセッツ州、CAI社)と同社が提供するClariCELL細胞を用いたセリン・スレオニンキナーゼの阻害測定を行うセルベースアッセイサービスについて、同社グループがCAI社の全世界的な代理店として、今月より提供を開始することを発表した。CAI社のセルベースアッセイサービスは、セリン・スレオニンキナーゼを標的とした製薬企業等における創薬研究において強力なツールとして評価が高い。また、独立行政法人国立がん研究センターより導入し技術移転を進めてきたRPPA(Reverse Phase Protein Array)を用いた細胞内のキナーゼシグナルネットワーク解析技術に基づくセルベースアッセイ受託サービスも今月より開始する。

カルナバイオサイエンスの株価は10時44分現在2万5480円(1480円)。