ルネサス続伸、国内9工場譲渡検討などリストラ策発表

ルネサスエレクトロニクス<6723>が続伸。一時、前日比22円高の370円まで買われている。
同社は3日引け後、国内生産拠点の再編と人員削減からなるリストラ策を発表したことを引き続き材料視している。
国内生産拠点の再編では、鶴岡工場や函館工場など9工場について、生産能力を縮小し、譲渡または集約を検討。人員削減では、早期退職優遇制度を実施する予定。募集人員の上限は特に定めていないものの5千数百名の応募を想定しており、来年度以降、年間430億円程度の費用削減効果を見込んでいる。

ルネサスの株価は9時12分現在368円(△20円)。