ホンダ売り先行、大和証が「1」から「2」に格下げ

ホンダ<7267>に寄り付き売りが先行している。一時、前日比19円安の2706円まで売られている。
大和証券が5日付のリポートで、投資判断を従来の「1(買い)」から「2(アウトパフォーム)」に引き下げたことが嫌気されている。目標株価の3100円は据え置いた。
リポートでは、「第1四半期の販売台数は概ね計画線だが、利益面では計画線を上回る進捗か。強気の通期販売計画に対し、需要不透明感強く利益計画は据置を想定」としている。

ホンダの株価は9時08分現在2712円(▼13円)。