大証が反落、利食い先行も産活法認定で期待

ジャスダック上場の大阪証券取引所<8697>が反落。前日に46万1000円まで上昇していることから目先的な利食い売りが先行している。本日は東京証券取引所と1月に策定した事業再構築計画について金融庁から産業活力再生法の認定を受けたことを発表、これにより今後、子会社設立や増資をする場合、負担を軽減できることから、売り一巡後は経営統合への期待が再度高まりそうだ。

大阪証券取引所の株価は14時38分現在45万7000円(▼2500円)。